麻布十番 たぬき煎餅
個人情報保護方針サイトマップ 
当店のこだわり
たぬき煎餅トップへ
商品のご紹介
当店のこだわり
店舗のご紹介
催事情報
店主の独り言
会社案内
お問い合せ

麻布十番商店街振興組合
たぬき煎餅 販売店 日本橋高島屋/地下1階食品売場 渋谷東急東横店/東横のれん街
宮内庁御用達看板

 たぬき煎餅は代々、「こだわりの高級煎餅」を黙々と焼き続けてきました。昭和3(1928)年に創業し創業からほどなくして、昭和7(1932)年に、皇太后陛下(大正天皇御后・貞明皇后)より御買い上げの名誉を賜り、昭和10(1935)年に「宮内省御用達」になりました。

 職人の技とは、言葉で説明するものではなく、多くの失敗を繰り返して、体で覚えるものです。教えてもらうのではなく、盗むものです。私もまた当主である父親の姿を常に目で追い、技を盗もうと必死になって学びました。そうして体得した技で、たぬき煎餅は焼かれています。

 たぬき煎餅はまた、包装へのこだわりも持っています。昭和7年2月、初めて皇太后陛下にお品をお納めする時に、創業者・圓蔵は知人の画家・村上玉嘉に狸の絵を描いてもらい、その絵に自らの書を加えて包装しました。以後、たぬき煎餅のロゴは、この狸の絵になっています。

たぬき煎餅包装紙

 麻布十番にて店を再開した後、再開のお知らせをどのようにすればいいか考えて、字紋散らしで包装紙をつくることにしました。圓蔵には、天性の文化的な素質があり、非常に独特の味わい深い手書き文字で包装紙をつくったのです。結果として、多くのお客様にたぬき煎餅再会をお知らせすることができました。
 現在では、栞をお読みになるお客様が少なくなったので、狸のマスコットをつくっています。おかげさまで、このマスコットは、好評を得ています。

このページの上へ